XRソフトウェアの開発を行う Symmetry Dimensions Inc. (米国デラウェア州、CEO:沼倉正吾 以下「シンメトリー」)は、建築設計土木向けVRソフトウェア「SYMMETRY 製品版」のバージョン1.1をリリースしました。
SYMMETRY 製品版 バージョン1.1は、3Dレーザースキャナやドローンで撮影された「点群データ(Point Cloud)」の読み込みに対応しました。
これにより、VR空間内での点群データの実寸大での確認が可能になり、国土交通省が推進するi-constructionにおける土木分野でのICT活用や建設予定地の点群データとSketchUpの重ね合わせによる精度の高い建設シミュレーションが可能になります。



今回のアップデートの主な追加機能は以下となります。

  • 点群ファイルフォーマット .lasファイル、.lazファイルへの対応
  • 同一空間内での点群データとskpデータの同時読み込みが出来るマルチインポート機能
  • VR空間内でのskpデータの配置変更を可能にする Move 機能
  • VR空間内で飛行移動を可能にする Fly機能
  • インポートしたskpデータのエッジを強調するエッジ強調機能
  • SYMMETRYクラウドのUI変更

  • 点群ファイルインポート

    dual-import

    ダブルインポート

    grab

    移動ツール:Grab, extended grab

    fly-jet

    フライジェット