VRソフトウェアの開発を行う Symmetry Dimensions Inc. (米国デラウェア州、CEO:沼倉正吾 以下「シンメトリー・ディメンションズ」)は、建築設計土木向けVRソフトウェア「SYMMETRY 製品版」のバージョン1.2 をリリースしました。
今回のバージョン1.2は、複数人でのデザイン確認や、建築プレゼンをより円滑に行えるように、コミュニケーション機能を向上させました。また、SketchUp 2019に対応しました。



news_20190918_flow

今回のアップデートで追加、改善された機能は以下の通りです。

  • 複数人でデザインレビューを行う際に、全てのユーザーを任意の場所に集めるGather(集合)機能の追加
  • 複数人でデザインレビューを行う際に、任意のユーザーの位置へ移動するJoin(追従)機能の追加
  • VR空間内でのコミュニケーションツールとして、レーザーポインター機能の追加
  • 異なる言語間のコミュニケーションに対応するため、翻訳機能の追加
  • SketchUp 2019への対応
  • その他、視認性の向上等の各種アップデート、UIの改善

  • Gather 機能

    news_20190918_flow

    Join 機能

    news_20190918_flow

    Laser pointer 機能

    news_20190918_flow